立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています
no

立ち仕事を長時間続けていると足や腰に疲れが溜まっていきます。疲れを翌日に残さないようにするためにも、その日のうちにしっかり疲れを解消するストレッチを実践してみてはいかがでしょうか。

長時間立ちっぱなしの状態でいるとどうしても血行が悪くなってしまうため、疲労物質が蓄積しやすくなります。全身の巡りが悪くなり、下半身に疲労物質が集中するためむくみやすくなってしまい悪循環に陥ります。

立ち仕事をしていても休憩する時間はきちんと設けられているはずなので、休憩時間を利用して簡単なストレッチを実践してみましょう。

■まずは下半身のストレッチ
下半身の血行を悪化させないためには、下半身を意識したストレッチが必要になります。簡単な屈伸運動やアキレス腱伸ばしなどを行い、下半身の筋肉をほぐすように意識したストレッチをお試し下さい。

パンパンになった状態の足も、これらの軽い運動を行うだけでとても軽くなります。太ももの筋肉をほぐす際には、片足で立ってもう片方の足を膝から折り曲げて足の裏を太ももに押し付けるようにして下さい。太ももの筋肉に効いていると感じられるくらいが丁度良い力加減です。

前屈運動も太ももの筋肉に効果的です。休憩時間として用意されている時間は短いかもしれませんが、ほんの数分だけでもこれらの運動を実践すると疲れの感じ方が全く違うものです。

帰宅後は念入りにストレッチができる方と、忙しくてそれどころではないという方がいます。30分くらいかけてストレッチを行うのが理想的ですが、

■お風呂あがりのストレッチ
どうしても時間がとれない方はゆっくりと半身浴をして血行を良くするように心がけて下さい。お風呂あがりにテレビを見ながらでも構わないので、全身の筋肉を意識したストレッチを行いましょう。

テレビで見たことがある人も多いかも



■腰が痛い場合はお尻の筋肉を中心に
特に腰が痛いと感じている方はお尻の筋肉をほぐすように心がけて下さい。腰痛持ちの方はお尻の筋肉がカチカチに固まっている方が多いと言われています。

床に膝を立てて座った状態で片足をもう片方の太ももに乗せて胸を近づけるようにするだけでお尻の筋肉に効果的です。


スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です

スポンサードリンク