立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています
no

あなたの仕事がもし、オフィスワークや受付などの様な座り仕事では無く、いわゆる立ち仕事だった場合、どうしても靴の中は群れやすいうえにむくみやすく、足にとっては大きな負担が掛かってしまうという事は否めない状況にあると、言わざるを得ない部分があるかと思います。

ですから、足にも様々な雑菌などが繁殖しやすくなってしまうという特徴があります。対策としては、靴を脱ぐなどして通気性を良くすれば、そうした危険性というのは非常に低くなるのですが、立ち仕事で常に移動できるような状態を保っていなければいけないという場合には、それも望めません。

となれば、どうしても通気性も悪い状態で、高温多湿に見舞われる事によって、足にかゆみなどが発生する事もあるでしょう。もしかしたらそのかゆみ、ただの蒸れではなく、水虫に掛かってしまっている危険性も充分に考えられます。

あなたももちろん、水虫という名前は聞いた事があるかと思います。何故か社会では、おじさんがかかる症状という風に思われている方も多いのですが、特に加齢や男性と水虫に因果関係がある訳ではありません。

それは単純に、営業職など、靴が脱げない状況で、長時間仕事を行わなければならないビジネスマンたちに、どうしても多い症状であるというだけであって、若くても女性でも、同様に靴の中が群れた状態が続けば、水虫にはなりやすいのです。ましてや、ビジネスマンの場合には、通気性のあまりよく無い革靴を履いている事が多いですから、通常よりも更に蒸れやすいという弱点があるという訳です。

しかし近年は、男性だけでは無く、女性にも水虫の方は増えています。

女性の社会進出が増えた事により、立ち仕事を行う女性の数も昔よりも圧倒的に増えましたが、彼女たちは群れやすいブーツやパンプスなどで歩く事が多く、しかも靴を脱ぐ時間が無いので、群れる事により水虫を発症しやすいという状況におかれているのです。

ですから、最初にかゆみを感じたなら、それは水虫のサインとして、しっかりとした対策を行い水虫をしっかりと治す事が大切です。では一体、水虫の予防対策としては、具体的にはどういった対処方法があるのでしょうか。

一番の対策は、複数の靴をローテーションで履く事で、湿度をしっかりと除去するという事が重要となります。毎日同じ靴を履けば、通気性が悪く湿気の高い靴を履き続ける事になりますから、水虫に掛かりやすい環境を作るので注意して下さい。

スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です

スポンサードリンク