立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています
no

立ち仕事はとにかく足に負担がかかりますので、足が疲れにくいサンダルを選ぶことが最も重要です。

もちろん、デザイン性や価格、履き心地といった面で好みが別れると思いますが、長時間履き続けることを考えると、疲れにくい、滑らない、汚れがつきにくいといった点は最低、満たしておきたい条件でしょう。

足が疲れにくく、機能性が高いということから、仕事用のサンダルとして人気があるのが医療用サンダルです。ドクターやナースの長時間労働を支える医療用サンダルは、機能面でも優れていて、デザインもシンプルです。

ドクター用のサンダルでは、クロックスタイプのものが疲れにくく、歩きやすいとして人気です。カラーも黒のものが豊富で、衝撃を吸収するクッション性の高いものや、スーツに履いてもおかしくないデザインのものもあります。

女性もナースサンダルを普通のオフィスや店舗などで履く人が増えています。ナースサンダルは、激務のナースの足元を支えるものですから、クッション性が高く足への衝撃を和らげる履き心地の良いサンダルというのは当然で、滑らない、一日履いても疲れにくい、動きやすいといった機能面とともに、消臭、抗菌、美脚、外反母趾ケアなど、ハードな立ち仕事を支えるポイントがしっかり抑えられたものが多いです。

最近ではデザイン性の高いものも増え、色もシンプルでおしゃれな黒のものが増えています。足の幅や甲に合わせて調節できる、バンド式になっているものなら、自分の足にピッタリとフィットさせることができて、より足がラクになります。

■医療用次世代ナースシューズ(丸洗いOK)

→ Amazonでの価格はこちら

→ Amazonでのレビュー一覧

毎日履くものだからこそ、健康を考える

医療用以外では、「AKAISHI」のサンダルのような、足のことを本当に良く考えて作られているものを選ぶのがおすすめです。履くだけで1日の疲れを癒やす足裏の負担を軽減する作りになっていて、押されると気持ちの良いポイントが指圧されるよになっています。

男性用も女性用もありますので、デザイン的に履くことが可能な職場であれば、健康のためにもこうしたサンダルを選ぶのが良いでしょう。

仕事に履くサンダルを選ぶとき、仕事用だから安いもので良いや、と思う人と、長時間働くものだからこそ多少高くても良いものを選びたい、と思う人の2タイプがあると思います。それぞれの考えがあると思いますが、立ち仕事の人がサンダルを選ぶなら、やはり良いものを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、1日履いて仕事をしたあとの、足や体の疲れ方が全く違うからです。数日のバイトであれば、どんなものでも良いと思いますが、毎日履き続けるサンダルだからこそ、体の健康を守るためにも、これは、という自分の足にフィットしたものを選ぶことが大切です。

■AKAISHI アーチフィッターワーク

→ Amazonでの価格はこちら

→ Amazonでのレビュー一覧
 

スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です

スポンサードリンク