立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています
no

ラクに履けて疲れにくい、歩きやすいなど、愛用者の多いスニーカーですが、立ち仕事の時に履くのに向いているスニーカーには、どんなものがあるでしょうか。実際に立ち仕事でスニーカーを使用している人に人気があるのは、ニューバランス、ナイキ、アディダス、プーマなどの、スポーツブランドのスニーカーです。

スポーツブランドは、機能性を重視して作られているので、履きやすく動きやすいものが多いのが特徴です。それに比べると、同じスニーカーでも、ファッション性を重視しているものは、クッション性や通気性、フィット感などに劣り、長時間立ち仕事で履くのには、あまり向いていないようです。

ところで、疲れにくい靴を選ぶときに最も大切なのは、自分の足にフィットしているかどうかということです。ゆるくても、きつくても足はストレスを受け、非常に疲れてしまいます。

また、靴やクッションのやわらかさや固さといったものも、人によって感じ方が違います。柔らかくクッション性の高い靴が疲れない、という人もいれば柔らかい靴では疲れるという人もいるのです。

靴を選ぶときに、シューフィッターのアドバイスを受けることは大切です。自分の足にあう靴の選び方を知っていれば、スニーカーを選ぶときにも細かな部分をチェックすることができて役立ちます。一度、しっかりとしたシューフィッターのいるお店で、足のサイズを測定してみてはいかがでしょうか。

立ち仕事にはくスニーカーのチェックポイント

実際にスニーカーを選ぶときには、次のような点に注意して下さい。

まずは土踏まずの部分のサポートがしっかりできる作りであること。締め付けは良くありませんが、幅が広すぎても土踏まずのサポートがしっかりできません。

次に足の裏と靴の形状があっていること。足の裏全体に、均一に体重が分散されることが、疲れにくさに繋がります。

これと思うスニーカーが見つからないときは、アーチサポートインソールを入れてみると、カバーできるかもしれません。

また、軽量で靴底が柔らかくクッション性のあるもので、通気性も良いというのが、立ち仕事にはおすすめです。テニス用のクッション性の高いスニーカーなどを履いてみると、疲れにくさを実感できるかもしれません。

また、これまでスニーカーは安価なものしか履いたことがないという人は、ある程度値段が高いものを試してみることをおすすめします。動きやすさやフィット感の違いに、価格の差も納得できると思います。

仕事の時に履く靴、特に立ち仕事の人にとっての靴は、自分の健康を左右しかねない重要なアイテムです。

大切な相棒を見つけるような気持ちで、これぞという一足を探して見て下さい。

スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です

スポンサードリンク