立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています

db24dc4584823403b942fc3a2f267eae_s
立ち仕事をしても足首が痛くならないようにするには、筋トレを実践するのが効果的と言われています。

筋力が落ちるとどうしても負担がかかりやすくなり、捻挫を引き起こしやすい状況になります。

過去に捻挫をした経験がある方は特に念入りに筋トレを実践しましょう。

■足首の筋トレ法
足首の筋トレを実践する方法は色々ありますが、必ず事前に足首を回して筋肉をほぐしておきましょう。

ゆっくりとアキレス腱を伸ばすストレッチを実践してから筋トレを行うと、アキレス腱を痛める心配もありません。準備運動をきちんと行ってから筋トレを実践して下さい。

簡単な筋トレ方法としておすすめなのが、スクワットのような動きで足首の筋肉を鍛える方法です。両腕を胸の位置まで上げた状態のままゆっくり膝を曲げて座り込むように腰を落とします。

この時にかかとを床から離さないように気をつけて下さい。足首の筋肉に効いていると実感できるはずです。

自宅で実践して欲しい筋トレは、ゴムひもを用意して下さい。床に座った状態でゴムひもを足にかけ、

ゴムの弾力を利用して外側に負荷をかけましょう。何度か繰り返すだけでも簡単に足首の筋肉が鍛えられます。このように筋トレをしっかり実践し、できるだけ足首に負担をかけないように注意して下さい。

バンテリンサポーター 足くび用

■体の歪みに注意

体の歪みを改善するのも効果的です。普段の姿勢の悪さが要因になりいつの間にか体が歪んでしまう方が多いです。

日常的に正しい姿勢をキープするように心がけて下さい。

特に骨盤の歪みが生じている方は体の重心がどちらかに偏りやすく、どんなに注意していてもすぐに重心が偏るものです。

骨盤の歪みを矯正しなければ根本的な解決には繋がらないため、骨盤体操を実践するか、整体に通って正常な位置に戻すように心がけて下さい。

整体に行くと骨盤がどのくらい歪んでいるのか教えてもらえます。

自分で歪みをチェックする方法としては、両肩の位置を鏡でチェックする方法や、座って足を伸ばした時の長さの違いからある程度判断できます。

スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です

スポンサードリンク