立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています

GUM06_CL19046

立ち仕事をしている方にとって自分に合った靴選びをするのはとても重要です。靴の選び方を間違えるとどうしても疲れや痛みを生じやすく、

悪化すると歩行困難になるほどの痛みを感じる場合もあります。正しい靴の選び方で立ち仕事をしても苦にならないように心がけましょう。

立ち仕事をしていて足の痛みを感じられる場合は靴が合っていない証拠です。女性で窮屈なパンプスやハイヒールを履いている方は特にご注意下さい。

例えば足の裏で親指の付け根部分が痛い方は足の形が体重を支えられない状態に変化している可能性があります。

足の裏をよく観察してみると、正常な方は土踏まずがあってアーチ状になっています。他にも指の方と足の外側にもアーチが存在しています。

足の痛みを感じる方はこれらのアーチがなくなってしまい、体重を支えきれなくなり関節に大きな衝撃を受けやすい状態になります。

先ほどの親指の付け根部分が痛いと感じている方は指の方のアーチがほとんどなくなっていると考えられます。

アーチがなくなった原因として考えられるのは、自分に合っていない靴を長期間履き続けていた、成長期にしっかり運動していなかった等があります。

普段の姿勢の悪さも影響しやすいため、日々の生活習慣が大きな影響を与えていると判断できます。



土踏まずがない人は?

既に理想的なアーチが失われている場合は靴の形をしっかり考えるとかなり改善されます。一番大切なのが自分のサイズにぴったり合う靴を選択する事です。

実際に自分のサイズを測ってみて、同じサイズの靴を履いてみると窮屈に感じられる場合があります。

少しでも違和感があった場合は違うサイズでもう一度試して下さい。違和感がない方があなたにとって最適な靴だと判断できます。仮に同じサイズでもメーカーによって履き心地が全く異なる場合があります。

どうしても自分に合う靴が見つからない方は、インソールで調整する方法もあります。足の形を理想的なアーチ状にできるインソールも存在しているため、自分の足に合わせて選んで選択して下さい。

スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です

スポンサードリンク