立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています
no

立ち仕事を続けていると、どうしても腰に無理がかかり、慢性的に腰痛の症状を抱えることにもなりがちです。腰痛のケアにも様々な方法がありますが、やはり症状が辛いときには、湿布のお世話になるという人も多いことでしょう。湿布を貼る際に迷うのが、どんな湿布を使えば良いのか、ということではないでしょうか。

これには諸説あるので、判断が難しいというのが正直なところです。

一般的に言われるのが、痛みが強い急性期には冷湿布を使い、強い痛みが落ち着いたら温湿布を使うというものです。ぎっくり腰のように、急に腰に激痛がでた場合は、筋肉や組織に傷がついてそこに炎症が起きています。

するとその部分は熱を持ちますので、まずは冷やして炎症を鎮めることが重要です。

しかし、慢性的な痛みになっているのは、筋肉がかたくなっていたり、血行不良が原因となっていることが多いので、血流を良くする働きが期待できる、温湿布を貼るのが効果的だと言われています。

多くの専門家の方たちの説明によると、温湿布も冷湿布も結果としては皮膚の温度を下げるのですが、冷湿布に配合されているメントールやカンフル、ハッカ油などがひんやりとした感覚を感じさせ、温湿布ではカプサイシンがぽかぽかとした温かみを感じさせ、皮膚から吸収されて血流を良くするという違いがあるようです。ですから、湿布を貼った時に感じる心地よさを優先して、どちらの湿布を貼るのかを選べば良いということです。

腰痛の時、どこに湿布を貼るとラクになる?

急性期で患部が熱を持っている場合は、湿布よりも氷のうやアイスノンなどを使ってしっかりと冷やします。その後は冷湿布で2~3日様子を見ると良いでしょう。

湿布を貼る場所は、痛みを感じる部分よりも指4本分程度上の、背骨よりの場所に貼るのが良いと言われています。

また、なんとなく腰が痛くなりそうだな、という予感がしたら、その時にすぐに広めに湿布を貼っておくと、痛みを抑える効果が期待できるそうです。立ち仕事が続くときの慢性的な痛みには、インドメタシンやフェルビナクなどの、痛み止めの成分が入っているプラスター剤も効果的です。

腰痛のときに湿布を貼りたいもうひとつの場所が、足の裏です。両方の足の土踏まずの内側から、内くるぶしの横くらいの位置が、腰痛に効く反射区ですので、その部分を良く揉んでから湿布を貼って就寝します。

血流を良くしたいので、カプサイシンの入った温湿布や、肩こり用として販売されているものを貼ってみて下さい。翌朝には腰の張りがラクになったという経験をしている人が多い方法です。

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です