立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています
no

立ち仕事をしているとふくらはぎが痛くなる方がたくさんいます。
ふくらはぎが痛くなる理由として考えられるのは血行不良です。
長時間立ち仕事を続けていると、必然的に血行が悪くなってしまいます。

下半身で足先に近くなるほど血行が悪くなり、
疲労物質がどんどん溜まっていく状況になります。
夕方になるとふくらはぎの痛みだけでなく、
パンパンにむくんでしまっている方は間違いなく
疲労物質が溜まっている証拠です。

下半身の血行が悪くなって引き起こす病気として注意したいのが下肢静脈瘤です。
ふくらはぎの痛みだけでなく、ボコボコと膨れたような血管が目立つ症状が見られます。
ひどい場合には湿疹や出血を伴う場合もあり、
見た目の悪さ以外にも日常生活に支障をきたすおそれがあります。
下肢静脈瘤になる原因は立ち仕事で血行が悪くなり、
血管の静脈に存在している弁が壊れて静脈内に血液が溜まって引き起こされます。

緊急性の高い病気ではありませんが、立ち仕事をしていて
ふくらはぎの痛みが日に日に強くなって辛い、見た目があまりにも悪いので
足を出して外出できないなどの不満を抱えている方は適切な治療を行う必要があります。
  



 
本当に下肢静脈瘤なのか判断が難しい場合もあるため、
心当たりのある方はできるだけ早い段階で専門医に相談して下さい。
できれば血管に詳しい医師が勤務している医療機関が望ましいですが、
基本的には外科や皮膚科で適切な診断をしてくれます。

もうひとつ考えられるのは自分の体重がふくらはぎの筋肉に
大きな負担を与えていることです。
元々体重が重い人ほど足に大きな負担がかかってしまいます。

足の筋肉で何とかして体重を支えなければいけないため、
ふくらはぎに一番負荷がかかってしまいます。
特別運動をしたわけでもなく、立ち仕事をしていただけなのに
筋肉痛のような感覚があるのは、筋肉が一生懸命体重を支えた結果です。
普段は全く運動をしていない人ほど筋力が衰えているので、
立ち仕事をするとすぐにふくらはぎの痛みを感じやすくなります。

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です