立ち仕事で足の疲れやむくみ、膝や背中、腰の痛みなどを防ぐための対処法や効率的に仕事をするための方法などを紹介しています

今までは立ったままの状態で長時間過ごすことが無かった方が、諸事情で立ち仕事をしなければいけない状況になった時に一般的にはどのくらいの期間や時期に慣れてくるのかは仕事の内容や普段の過ごし方によって異なります。

立ち仕事でも常に同じ位置で立ち続けているのと、体を動かしながら立っている時間が長いのとでは全く違います。

両方共8時間勤務していた場合で考えてみると、明らかに前者の方がトラブルは起こりやすくなります。むくみが生じたり、体のあちこちが痛くてたまらない状況になりやすいと考えられます。

044840

例えばコンビニ店員の場合は基本的には立っている時間が長くて体を動かす仕事になりますが、比較的むくみは生じにくく、筋肉痛は最初の数日だけである程度時間が経てば問題ない場合が多いです。

1週間ほど経てば仕事に慣れてきて筋肉痛も感じにくくなり、難なく仕事がこなせるようになります。

工場勤務の場合はライン作業担当になり、同じ位置に長時間立ちっぱなしの状態で仕事を行う場合が多く、しばらく経つと足の裏が痛くてたまらないと苦痛を感じる方が多いです。

この場合はいつまで経っても痛みが改善されるはずものなく、仕事をする度に苦痛を感じるようになります。

体の”コリ”に

慣れるまでは普段の生活も大事になってくる

どのくらいの期間で立ち仕事に慣れてくるのかは普段の過ごし方でもかなり違います。

元々運動をしていなかった方がいきなり立ち仕事をしようと意気込んでも、しばらく体に違和感が感じられます。

数日で体が慣れてくれる方もいますし、1ヶ月以上経っても全く体がついていかずに引き続き辛い気持ちになっている方も多いです。

普段から運動をしていて、ある程度基礎体力が備わっている方なら違和感もなく仕事ができる場合もあります。

一般的な立ち仕事は大体1週間前後あれば体に慣れてくると考えられますが、常に立ちっぱなしの仕事はもう少し長い期間が必要になると考えられます。

定期的に休憩時間で足を休ませるようにしたり、一日の終わりにマッサージを行って疲労物質を溜めないようにすると立ち仕事が大変だと実感しにくくなるでしょう。

スポンサードリンク

今週の特集記事

  • 立ち仕事対策グッズ人気ランキング
    インソールやサポーター、ベルトなど様々なアイテムがあります

  • 立ち仕事向きの靴・スニーカー人気ランキング
    疲れにくいビジネスシューズ、スニーカー、オフィスシューズ、パンプスを紹介

  • 足の疲れに サプリメント人気ランキング
    立ち仕事でむくれて疲れた足をすっきりさせたい女性に人気です